Estimados miembros y amigos de CANELA:

Reciban un cordial saludo.

La profesora Junko Matsumoto, de la Universidad Rikkyo, nos ha solicitado la difusión de la información del siguiente evento que se realizará en su universidad:

Tema: El presente y el futuro de la enseñanza de segundas lenguas
Fecha: sábado 24 de julio de 2021, a partir de la 13:00 y hasta las 15:15
Idioma: japonés

7月24日(土)13:00-15:15 立教大学外国語教育研究センター公開講演会
「複言語主義に基づいた大学教育実践への取り組み~仏独西中朝英の教育現場から」開催のお知らせ

新学習指導要領のもと、2020年度より段階的に、小学校・中学校・高等学校における外国語教育に大きな変化がもたらされています。これにともない、大学における外国語教育も改革していかなければなりません。くわえて、CEFR(ヨーロッパ言語共通参照枠)および複言語主義が広く認知されるようになり、両者に基づく新たな外国語教育の必要性が説かれています。
変革する外国語教育の現場から、現在と今後の取り組みについてフランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・朝鮮語・英語教育に携わるパネリストにお話しいただきます。大学教育における新たな外国語学習の可能性を模索するシンポジウムの開催となります。

登壇者
茂木良治先生(南山大学)
境一三先生(慶應義塾大学)
大森洋子先生(明治学院大学)
西香織先生(明治学院大学)
中島仁先生(東海大学)
新多了先生(立教大学)

申し込みはこちら↓
http://s.rikkyo.ac.jp/1f2096a

詳細はこちら↓
https://fler.rikkyo.ac.jp/news/2021/jc0e3e0000000658.html

Atentamente,
Ángela Yamaura
Secretaria General

Información de interés
css.php
A %d blogueros les gusta esto: